Memorandum

旧アドレス:http://d.hatena.ne.jp/londoncalling/

お母さん(を)助けて

今日は30週目。ついに言われてしまった一言:太り過ぎ。

2週間で2kgも増えていて自分でもビックリ!今まで着々と体重を増やしてきた私だけれど、体重計に乗るときいつもドキドキしてたけど、いつ怒られるのだろうと思っていたけれど・・・先生に言われたのは今日が初めて・・・帰りにケーキを買って帰ろうなんて思ってたから残念すぎる。日本もあと数週間、ラストスパートで食べまくろうなんて甘かった。

 

健診のあと、近くのデパートできらきらとショーケースの中で輝くケーキを横目に食品売り場へ。夕飯はサラダだな・・・なんて考えながらお買い物をして、レジでお会計をお願いしたときのこと。テキパキした店員さんだとは思ったけれど、持っていきますね!と一言、商品を詰めるテーブルまでカゴを持って行ってくれた。見えるか見えないかの申し訳ない感じで小さめのマタニティマークはつけているものの、お腹が目立つ服を着ているわけでもないし、知り合いにもお腹目立たないねーと言われることが多かったから、予期せぬ出来事でビックリ。

そういえばレストランやハイチェアに案内されて、コートを脱いだら「申し訳ございません!」なんて謝られて、テーブル席にご案内します!なんて言われたこともあったっけ。アップルストアではハイチェアしかないのに低い椅子をお持ちします!なんて言われたことも。ロンドンにいるときは満員電車で通勤、買い物だって重たい袋を3つぶら下げて人ゴミをずんずんと歩くことなんてザラだったから、私はハイチェアだろうが立たされようが構わないのだけれども、日本に帰ってきて無茶振りを家族や友人に叱られた。あったかくしなさい!とか、重いものは持ってあげる!だとか、もうお姫様扱い。

こんな風にして、周りの人からもたくさんの優しさをそそいでもらって生まれてくるんだよ、赤ちゃん!がんばって一緒にロンドン帰ろうねー!

 

なんて考えながら帰ってきて、ぼーっとテレビでも見るかって感じで数時間ほど見てたんだけど。ほんの2時間の間で母親が自身の子を殺害するというニュースが2件。

「将来が不安に」「育児に疲れて」

自分が妊娠しているからこういうニュースが耳に入るのか、最近すごく多いと感じるのは私だけ?検索かけてみたら、恐ろしいほどに次から次に出てきた。ひとつ読めばまたひとつ、関連ニュースが後をたたない。

助けを求めることができない人たちか、助けてもらえなかった人たちか。

子供達のお母さんやめて、助けて、だけじゃない。お母さんたちの助けて、が聞こえてくるきがした。