Memorandum

旧アドレス:http://d.hatena.ne.jp/londoncalling/

Right now, right now, right now.. It's time to....Kick out the jams motherfuckers

そんなこんなで無事合格しまして、ちょっとチラックスしてるところです。
UALに行けたら最高だけど、金銭的第一希望はマンチェスターだから、12日後の面接も気を抜かないようにする。

面接の前はJohn Fruscianteでウォームアップ、Jimi HendrixのVoodoo Childでスウィッチをオン、Rage Agains the Machineでテンションを上げて、MC5でマックスまで上げる。心の中で(Right now, right now, right now.. It's time to....Kick out the jams motherfuckers!)と叫んだあとにオフィスに入る。
そうすれば面接は大体うまくいきます(私の場合)

それにしても今日は交通費かなりかかった、、£16以上したよ、、Railcardっていう3割引されるカードを持ってるんだけど、朝の10時以降からじゃないと使えなくて、、馬鹿みたいだわ。トラファルガースクエア当たりぶらぶらしたかったけど、ポートフォリオが重たすぎてあきらめちゃった。面接が朝早かったぶん、帰ったのが昼ぐらいだったからもう一回ロンドンに引き返すこともできたんだけど、今週2個も面接があって精神的に体力的にも結構ぐったりしてたみたい。でもプロジェクトに使う写真撮っておけば良かったなー重たい思いしてカメラ持ってたのに結局Waterlooでちょっと撮ったぐらい。
ちなみにウェストミンスターの面接はキャンセルしちゃった。5月に面接したい?って聞かれたけど、返事は保留中。最初はすごい行きたいと思ったけど、話聞くたびに、どんどん自分が思い描いてたコースと違うことがわかってきちゃって。それから、1個目の面接にはphotographic workとスケッチブックしか持ってかなかったんだけど、Your portfolio is quite thinって言われちゃって、、コンテントは良いって言ってくれたから、それで受かったんだけど、今日の面接どうしても受かりたかったから、ウェストミンスターの面接をキャンセルして、もう一度ポートフォリオを準備することに決めたというわけです。
それにしてもA1ポートフォリオ大嫌いだ。指が完璧にやられてる。帰ってからタバコ巻くのに手が震えて感覚がないくらいだったもん。マンチェスターにはA3で行こうかな、、どうしよう。