Memorandum

旧アドレス:http://d.hatena.ne.jp/londoncalling/

Analogue exhibition at Riflemaker, London

In Summer 2006, when photographer Richard Nicholson began to shoot images of professional darkrooms in and around London, some 204 were still in existence, continuing the printing of image from film-stock to paper within the new digital era. When he completed the project some three years later, only 6 remained.


Oxford St.からRegent St.沿いを歩いていると、Beak St.という小さい通りが左手にあって、そこをまっすぐまっすぐ歩いていくと、左手にRiflemakerっていう小さなギャラリーがある。ロンドンで最もファンキーなギャラリーって呼ばれてるらしい。そこでやってるエキシビジョンが面白そうだったので行ってきた。
2006年の夏、204ものプロフェッショナルダークルームがあったのに、その3年後くらいあとには、たったの6しか残ってなかった。たった3年という短いピリオドで、198もの暗室がロンドンからなくなっちゃった。
作品自体は、ただの暗室の写真って感じだけど、この事実を頭にいれて作品を見ると、その作品の重みがずっしりと伝わってきた。今はいくつ残っているんだろう。

http://www.riflemaker.org/s-index


View Larger Map