Memorandum

旧アドレス:http://d.hatena.ne.jp/londoncalling/

What you see, What you (decide to) do, What you become

30 years of Japanese Fashion is the first exhibition in Europe to comprehensively survey avant-garde Japanese fashion, from the early 1980s to the present. Curated by the eminent Japanese fashion historian Akiko Fukai, Director of the Kyoto Costume Institute, the exhibition explores the unique sensibility of Japanese design, and its sense of beauty embodied in clothing.
Japanese fashion made an enormous impact on the world fashion scene in the late 20th century and designers such as Issey Miyake, Rei Kawakubo and Yohji Yamamoto redefined the very basis of fashion. Their works will be shown alongside Kawakubo’s protégé, the techno-couturier Junya Watanabe, together with the acclaimed Jun Takahashi, and the new generation of radical designers including Tao Kurihara, Fumito Ganryu, Matohu, Akira Naka, Mina Perhonen and Mintdesigns.




http://www.barbican.org.uk/



Francesca Woodman (April 3, 1958 - January 19, 1981) was an American photographer best known for her black and white pictures featuring herself and female models. Many of her photographs show young nude women, blurred by camera movement and long exposure times, merging with their surroundings, or with their faces obscured. Her work continues to be the subject of much attention, years after she committed suicide at the age of 22.



http://www.victoria-miro.com/



Joy Division A selection of Kevin Cummins's photographs of Joy Division are on display at the Great Arch in the South Wing of Somerset House in London until 13 January 2011.
http://www.somersethouse.org.uk/



今日行ったギャラリー3つ、すばらしかったのは30 years of Japanese Fashion、barbican centreのあるところは、koyaanisqatsiのpruitt-igoeに出てきそうな、失敗した計画団地のような建物で、自分が21世紀にいることを疑いたくなるようなクレイジーな場所にあった。その場所の裏側には、新しい建物が建てられていて、全体のバランスが全くとれていないような不思議な空間だった。
電車でWaterlooに向かう時、空っぽで、窓ガラスが粉々に割れてしまっていて、もう何十年も使われていないんじゃないかと思わせる建物をいくつか見る。これもkoyaanisqatsiのpruitt-igoeを彷彿とする場所。


4分20秒あたりから注目。

ギャラリーの内容とてもよかった。日本のファッションデザイナーが海外でここまで注目を浴びているんだということを初めて目で、肌で感じた。特によかったのは、コム・デ・ギャルソンの初期の作品で、作品をフラットな状態にして撮られた写真が一緒に展示されていたんだけど、こんなにシンプルな構造な服が、ボディに身につけることでこんなに美しいシルエットだとか動きだとかを生み出しているんだと圧巻。学生に£8はちょっと高いと思ったけど、本当に行ってよかったと思うエキシビジョンだった。
次日本に帰った時は、Kyoto Costume Instituteにまじで行きたい。

親切なお兄さんに助けられ閉館ぎりぎりに到着したVictoria Miroでは、あまりゆっくり見れなかったけど久々にちゃんとした写真の展示会に行けてよかった。Somer Set Houseは、Joy Divisionを撮り続けたKevin Cumminsの作品も多くではなかったけど見れたし、とても充実した1日だった。

でも

こないだ行ったRoyal College of Artの在学生たちの作品展、というか、未完成の作品展でも、やっぱり見ていて楽しい、面白いって思えるのは、3D、立体の作品だった。絵を描くのも、ものをつくるのも、インスタントカメラで写真を撮るのも小さい頃から好きだったし、私は何がいちばん好きなんだろう?全部、好きなこと全部できたらいいのになあと本当に思う。よくばりってダメだね。どれも中途半端に隙とかじゃなくって、どれも大好きなんだ。

もし神様とやらがいるのなら、私は何をすべきか教えてくれればいい。